どうやったら継続してもらえるか・・

こんにちは、冨永です。

暑い日が続きます。

夏期講習の方はいかがでしょうか?

ミラクルロードの進み具合はいかがですか?

顕著に点数に出すためには、テスト範囲の8割を終えることです。
残された時間数から、どれくらいできるかを逆算しましょう。
もし、時間数が足りないようであれば、
今からでも即アップコースを追加で受講するように勧めてください。

中途半端が一番いけません。
なぜなら、結果が出ないからです。
中途半端にやって結果が出ないと
ミラクルロードでの学習自体を疑う生徒も出てきます。
必ずテスト範囲の8割を終えるように指導してください。

さて、外部生を継続させることはなかなか難しい面があります。
露骨に継続を進めても印象が悪くなることもあります。

そこで、有効なのが共感の魔法です。
相手をしっかり理解してあげて、
それをちゃんと伝えるということです。

人間は自分のことを本当に理解してくれている人を必要とします。
あなたが生徒のことを120%理解し、
それをきちんと相手に伝えることができたなら
その生徒は必ずあなたを必要とするようになります。

相手にとって必要な存在になることができるか・・
そこが継続してくれるかどうかのカギを握っています。

生徒を理解し、保護者を理解し、
それをちゃんと相手に伝えるということ。

小手先の小細工は通用しません。
心から相手を思う気持ちが大切なのです。

そして、いただいたお金の10倍の価値を相手に与えるということ。

心の底から相手の幸せを願うことです。

毎日、ハードな日々が続きます。
体調を崩さないように頑張ってください。



記事タイトル一覧に戻る