全く成績の上がらない生徒

お世話になります

冨永教育経営研究所です

先程の高校生に続きまして

2人目の生徒の編集も終わりましたので

併せましてご覧くださいませ

先程の1人目もそうですが

素点は、各教科50点満点

5教科で250点満点です。

パワーポイントの赤字は、素点

黒字は偏差値をあらわす数字です

この2人目の女の子ですが

1学期は火・木・土の週3回通塾

夏休みは日曜日以外、毎日(お盆時期をぬかします)

毎日、朝9時から夕方16時半まで

夏期合宿(1日13コマ×3日間)

そして2学期は、火曜~土曜の週5日間

冬休みは朝9時から夜20時40分まで

冬期合宿受講(塾内合宿。1日13コマ×2日間)

という状況でした。

夏合宿は、あまりにこんを詰めすぎ

限界を超えていました。

やった内容は、夏期講習はミラクルロードのみです。

夏に、どれだけミラクルロードで追いこんであげられるかで

秋から冬の爆発的な伸びに大きく影響します

是非、今伸び悩んでいる生徒さんがいらっしゃいましたら

ミラクルロードで、ここまで結果が出るよ、という意味を込めて

見せてあげて下さい

慶応スクールでも、生徒の心に一番響いたのは

この2人目の女の子だったようです

どうぞよろしくお願い申し上げます

 

追伸
300冊、400冊勉強すれば、成績は上がるでしょう…

と、初めてお会いする塾長先生に言われることがあります。

しかし、この映像でお伝えしたいことは、その逆です。

このように、模擬テストで5教科85点(250点)

社会9点しか取れないような生徒が

自ら勉強を、倒れるまでやるでしょうか…

例え、一問も分からず、すべて赤ペンで答えを写していても

一年通じて、ここまで自分から勉強をし出しますでしょうか…

私が現場で目を見張ったのは、まさにここでした。

「勉強をしろ!」という必要はほとんどなかったのです。

 



記事タイトル一覧に戻る