夏期講習の学習時間

こんにちは、冨永です。

いよいよ夏期講習が近づいてきました。

今日は夏期講習についてお話します。

慶応スクールでは1日12コマ、26日間+3泊4日の合宿(40時間学習)で時間割が構成されています。

その中から生徒それぞれが受講時間を選択して受講するようになっています。

全部選択すると352コマ(1コマ50分)になります。

基準となる受講時間数は、

中1が1日4コマ×26日間=104コマ

中2が1日6コマ×26日間=156コマ

中3が1日10コマ×26日間=260コマ

そして、合宿は中学生全学年対象で行います。

中1の目標は1学期の復讐+2学期の先取り学習です。

中2は中1の復習+中2の1学期の復習+2学期の先取り学習です。

中3は中1,2年の復習+3年2,3学期の先取り学習です。

学力アップの鉄則は基礎基本の徹底的な徹底です。

基礎基本ができていないと定期テストの点数も伸びません。

ですから、季節講習は徹底してミラクルロードで鍛えます。

数学は文字式、英語は中1文法と1Aが要です。

目標はまずこれを3回反復です。

中1は夏期講習で2回目に入ります。

中2はすでに2回やっているので3回目になります。

このようにして徹底してミラクルロードに取り組ませます。

基礎基本がしっかり出来上がると、

まだ学習していない内容でも自力でやれるようになります。

そうすると、1年分を終えてしまう生徒も出てくるわけです。

ただし、夏期講習で即アップコースをたくさんの時間を取ってもらうためには、

保護者や生徒にしっかりと学力アップの仕組みを理解してもらう必要があります。

ですので、必ず夏期講習の説明会を行うようにしています。

この説明会を行うことによってミラクルロードを使った学習が

いかに成績が上がるかを理解してもらうように努めることで、

夏期講習の受講率が大幅にアップしてきます。

学力は学習量に比例します。

いかにたくさんの時間を取ってもらうかがカギを握っています。

生徒面談、保護者面談も必ず行うようにしています。

そうやって受講率を高めてゆくアプローチが重要です。

次回は各教科の時間数についてお話します。

頑張ってください。

冨永賢宏



記事タイトル一覧に戻る