学習時間と点数の相関関係

こんにちは、冨永です。

期末テストも終わり、現在は夏期講習に向けた保護者面談の真っ最中です。

実をいうとこの保護者面談は疲れます。

特に成績が上がっていない場合は超疲れます。

色々言いわけをしないといけないからです。

だから私は保護者面談が大っ嫌いです。

でも、期末テストの成績が保護者や生徒自身の予想をはるかに超えているときは別です。

超気持ちいいですよね。

上から目線で何を言ってもお母さんはニコニコ。

本当に親というのは子供が良い成績をとると心からうれしいんですね。

これを提供するのが私たちの本当の仕事なんです。

慶応スクールの今回のテスト対策はかなりうまくいきました。

中2、中3で中学校1位も出ました。

あまりの点数の良さに親もびっくりです。

まさかこんなに取れるとは・・という反応です。

なぜそこまでいい点数が取れたのか・・

それは7月7日(土)福岡を皮切りに始まる即アップミラクル導入セミナーで詳しくお話しします。

福岡、広島、大阪、名古屋、東京、新潟と開催します。

導入塾の方は無料(参加費3000円のところ)でご参加いただけます。

是非ご参加ください。

さて、慶応スクールは5月よりタイムカードを導入しました。

そのタイムカードを集計していて「なるほど!」と思うことがあったので

先生にもお知らせいたします。

それは学習時間と実際の点数との相関関係です。

当たり前と言えば当たり前ですがそれが実際のデータとして見えるので説得力があります。

中1  5教科選択生 平均442点  学習時間平均47.4時間(5月1か月間)
2教科選択生  平均370点  学習時間平均36.4時間( 同上  )

最高出席者77.5時間(22日出席/5月) 5教科合計462点

中2  5教科選択生 平均401点  学習時間平均54.2時間(5月1か月間)
2教科選択生  平均314点  学習時間平均23.2時間( 同上  )

最高出席者88.2時間(23日出席/5月)  5教科合計456点
(でも本人はこの点数には不満足でした。)

※5教科選択生は週3回、2教科選択は週2回が最低通塾日です。
ただし、1学期は毎日出てこい!と生徒に言ってます。

学習時間で明らかに点数の差が出てきています。

要はどれだけたくさんの学習をさせる仕組みを作れるかにかかっているということです。

中3は全員5教科選択なので単純に学習時間と点数を比較してみます。

401点以上  45.7時間(5月平均学習時間)
300~400点  36.2時間(同上)
300点未満  32.0時間(同上)

最高出席者115.3時間(25日出席/5月) 5教科合計444点

という結果です。

ミラクルロード、トップへの道で基礎基本を定着させ、

学校のワークを3回反復です。

これでかなりの確率で学習の質を上げることができます。

だから誰でも同じように結果が出ます。

後は時間数をどうやって増やすか・・にかかっています。

そのほかにも全員に何度も反復させる工夫がありますが、

ここでは書ききれないので、

7月7日(土)福岡を皮切りに始まる即アップミラクル導入セミナーで詳しくお話ししたいと思います。

定期テスト対策はこれで完璧です。

誰でも驚くほど成績を上げることができます。

だから、夏期講習もみんなたくさんの時間数を取ってくれます。

中3は全員最低10時間です。これを26日間やります。

中2は1日最低4時間×26日間(104時間)

中1は1日最低3時間×26日間(78時間)。

プラス合宿です。(これは希望者)

それでもどの親も何も言いません。

結果を出せば親はこちらの言うとおりになるのです。

ご興味のおありの方はこの即アップミラクル導入セミナーにご参加ください。

定期テストで完ぺきな結果を出す仕組みを詳しくお話しします。

では、また!

p.s.
即アップミラクルセミナーの詳しい内容をお知りになりたい方は

その旨をご記入の上、塾名、会員種別、お名前を明記の上このまま返信してください。

セミナーの詳細をお知らせします。

冨永賢宏



記事タイトル一覧に戻る