夏休みも残り10日

こんにちは、冨永です。

暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

ここ2日間私の寝室のエアコンが壊れて、

エアコンなしで過ごしました。

この暑さには本当に参ります。

寝苦しい2日間でしたが、

気合で寝ました。

夜中何度も暑さで目が覚めましたが、

朝方になると結構涼しくなります。

なければないで何とかなるものです。

さて、夏期講習はいかがですか。

あと10日間。

ここで、生徒の状況をしっかり把握する必要があります。

生徒がどれくらい学力をつけているか・・です。

そこで、慶応スクールではテストを行います。

去年の模擬テストと、学校の過去問を使ってテストを行います。

中学生から中3まで全員です。

その結果で軌道修正を行います。

これがとても重要です。

生徒が今度の2学期最初に行われる実力テストでどれくらいとれるのか

それを把握する必要があります。

とれていなければ学習量を増やすなり、

弱点箇所を補強するなりしなければなりません。

それを残り10日間で行います。

また、生徒自身に自分の力を実感させるためにもとても良い効果があります。

とれていなければこれから頑張るように指導するし、

とれていればより高いレベルへと向かわせることができます。

ミラクルロードをしっかりやらせていると気が付かれたと思いますが、

ミラクルロードには不思議な力があります。

ミラクルロードはやればやるほど生徒がはまるのです。

英泉塾の安田先生は、その生徒の状況を見てこのようにおっしゃってました。

ランニングハイという言葉があるのはご存知と思います。

走っているうちにある境地に入ってしまうことです。

ミラクルロードにも同じような現象が起こるのです。

完全にはまってしまって、勉強をやめることができなくなるのです。

それを「ラーニングハイ」と名づけたとおっしゃってました。

面白いぴったりの表現です。

まさにそうなんです。

先日の慶応スクールの合宿でも見られました。

朝9時から学習を始め、1日中勉強をやっているのに

午前3時になっても学習をやめようとしないのです。

結局、最終日は朝6時まで勉強しっぱなしでした。

こんなに長時間勉強できる教材はほかにあるでしょうか?

これがミラクルロードが究極の教材である証明ではないかと思うのです。

ここまで来ると、結果は必ずついてきます。

圧倒的な学習量に勝てるものはいないのです。

おまけにミラクルロードは質を極めています。

ほかの塾より絶対的に有利なのは自明の理なのです。

もし、結果に結び付けることができないようであれば、

成功している塾を参考にすればいいだけです。

子どもたちの無限な可能性を、

もし引き出せていないのであれば

それは指導者として失格です。

お客様に失礼だと思います。

嚶鳴進学塾見学セミナーが9月に行われます。

あと5人で締切りです。

いろいろな事情はおありと思いますが、

代償なくして成功なしです。

是非見学されることをお勧めします。

p.s.
子どもたちがミラクルロードをどんどん解いてゆき、

ある時ぱっと子どもたちが変わる瞬間があります。

それを慶応スクールでは「覚醒」と呼びます。

まさに、子供が覚醒する瞬間があるのです。

突然できるようになるのです。

そういう子供たちの姿は本当に感動ものです。

こちらまで感動して涙が出るのです。

あーこれが教育というものなんだ・・そう実感するのです。

この仕事を続けていてよかった。

子どもが自らの力で自分の壁を超える瞬間です。

新しい自分に気づく瞬間です。

子どもが成長するとはこのことだと思います。

これが私たちの役目ではないかと思います。

仕事で感動してますか?

冨永賢宏



記事タイトル一覧に戻る