入試前のミラクルロードの使い方2

お世話になります 冨永教育経営研究所の今村です

私立の入試の結果も出そろった頃でしょうか 熊本では昨日が私立高校入試の発表でした

「私立は押さえにして、公立高校にチャレンジしたい」 という生徒が多いので、いよいよこれからが本当の勝負です

さて、入試が近いですが 「生徒に何をやらせたら効果的か」というメールを 頂戴しています

ポイントは「絞る事」です

エクセルシアの小倉先生は 神奈川の公立高校入試前の1月に 英語で1ケタ(50点満点)しか取れなかった生徒に 公立長文のミラクルロードを繰り返しやらせたら 本番で42点取ってきた、と驚いていらっしゃいました

埼玉県の英泉塾、安田先生は ミラクルロードを本格的に導入される前

社会が苦手で、1ケタ(当時は42点満点)しか取れなかった生徒に 社会のミラクルロードを実験的に繰り返しやらせたら 本番で30点を超えた、と驚かれて 導入を決められました

入試前は これまでどんなに勉強しなかった生徒さんも 一番、真剣になる時期だと思います

ミラクルロードはこの時期の中3生にやらせてみると 上でご紹介した先生のように 驚きの結果が出るはずです

時間は限られていますので 本人が弱点としている分野に絞って ミラクルロードを繰り返しやることをお勧めします

具体的には 同じミラクルロードを3冊(3回)やらせてみて下さい



記事タイトル一覧に戻る